心筋梗塞は医療機関で治療する|スピーディー回復への道

看護師

心臓血管の病気を知ろう

患者

現在生活習慣病の患者が増加しており、心筋梗塞の患者は増加すると考えられる。心臓の検査を受ける患者が増えるならば、予防行動がとれるため心筋梗塞の患者は減少すると予測される。心筋梗塞においては、高カロリーな食事や高塩分な食事は、疾患の発症リスクが上昇するため食事の改善が必要である。

もっと読む

心臓の病気を知ろう

看護師

心筋梗塞の症状において、胸の強い痛みは非常に注意が必要である。救急車による早期の病院受診によって予後が決まってくる。心筋梗塞においては遺伝性のものがあるため、早期の検査を受ける工夫が必要である。精神科のカウンセリングをうけると心筋梗塞を発症しやすい性格を改善するのに役立つ。

もっと読む

予防策と近年の治療事情

男性

心筋梗塞の発症原因の1つが寒暖差です。従って、寒暖差が激しい冬は注意すべきであり、対策を講じるべきです。心筋梗塞の死亡率は近年、減少しています。その理由は、素早く処置できるカテーテル治療が普及したからです。カテーテル治療は未だ進化途中ですので、今後、更なる死亡率の減少が予想されます。

もっと読む

最新の治療法と予防法

女性

心筋梗塞は心臓の大きな欠陥が詰まってしまい、その先の細胞が壊死してしまう病気です。日本人の死亡者の数としては癌について多い病気で、しかも心筋梗塞は急性で予測が立てにくく、発症してしまうと一行を争う状態となるのでとても危険な病気です。治療としては基本的に外科手術となります。現在日本ではカテーテル手術が元も一般的になっています。これは詰まってしまった血管に細い管を通して、血管の中で膨らむバルーンを入れて血液が流れるようにする方法です。現在の最新の治療はステント治療と呼ばれるもので、従来のカテーテル法と違ってふさがる確率がとても少なくなっていて、今後の心筋梗塞治療の主流になるのではと注目されています。

心筋梗塞は、突然発症するもので、症状の前触れもあまりありません。そこで、予防するには普段からの日常生活で常に意識するという事がとても大切になっています。心筋梗塞は血管が詰まることによって起こる病気ですから、血管が詰まらない用に、つまりドロドロの状態にしないという事が最も大切になってきます。夏場は特に水分が奪われやすいので、こまめに水分を摂っておくようにしましょう。また、食べ物としては、魚類、特に青魚に多く含まれているDHAなどが動脈硬化にはとても効果的です。また、心筋梗塞は特に発症しやすい「魔の時間帯」と呼ばれる時間があります。魔の時間帯は午前9時から12時までの間となっているので、特にこの時間帯は注意してください。