心筋梗塞は医療機関で治療する|スピーディー回復への道

Hospital

心臓血管の病気を知ろう

患者

心筋梗塞は、生活習慣が大きく影響してくる疾患です。特に喫煙や脂肪分の多い食事、ストレスの多い生活は、冠動脈に心筋梗塞の原因となるプラークというものを作りやすくなる為、注意が必要です。現状では、生活習慣病は増加しており、ストレスの多い生活や高カロリーな食生活も統計上改善されておらず、心筋梗塞を発症する患者は増加していくと考えられます。心筋梗塞の減少には、早期発見が非常に重要になってきます。冠動脈の状態は、しっかりとした検査を受ければ状態の把握が可能なものです。現在の医療では、いつプラークが破裂するかは分かりませんが、プラークの有無は分かるため事前に予防行動がとれます。よって心臓の検査率が今後上昇すれば、この疾患の発症率は下がると予測されます。

心筋梗塞の原因は、生活習慣の中にあるといわれています。生活習慣を予防することで心筋梗塞はある程度、予防できる疾患なのです。心筋梗塞は、高カロリーな食事が頻回な肥満の方に多いと言われています。これは、心臓の栄養血管である冠動脈の中にプラークという心筋梗塞の元となるものが作られやすいからです。プラークはコレステロールが元になっており、高カロリーな食事は注意が必要になります。高血圧は血圧が高いことにより、冠動脈にできたプラークを破裂させてしまう可能性が高まるため危険です。塩分が多い、濃い味の食事を好む方は注意が必要です。人間の味覚は年齢と共に塩分を感知できなくなり、高塩分食になりがちです。これらは食事内容の改善が有効な治療方法で、それにより疾患の発症を予防できます。